ゴールドコースト ホテル ツアー 地図 天気 観光 レストラン[オーストラリア・ゴールドコーストガイド]
 ゴールドコースト 近郊情報
ブリスベン
マウントクーサ
サンシャインコースト
バイロンベイ
ポイントデンジャー
マウントタンバリン
サウスストラドブローク島
フレーザー島
モートン島
レディエリオット島

ゴールドコーストブログ
必見!!ゴールドコースト在住者がゴールドコーストの最新情報を写真入りで発信しています!
ブログはこちら⇒

お得な特典クーポン
レストラン、お土産や、エステのお得なクーポンをご旅行前の印刷してお持ち下さい。
クーポンはこちら⇒

クオリア・ハミルトン島プレミアムリゾート

オーストラリアでホームステイ

期間限定はミルトン島3泊得得パッケージ

ATS10周年キャンペーン実施中!!総額425万円の豪華旅行があなたに当たる!!体験談を書いてオーストラリアへ行こう!!当選率高し!!

BLUE FIRE



オーストラリアンツアースペシャリスト

世界一高いコンドミニアムQ1

オーストラリア留学

ETOUR

QANTAS

オーストラリア旅行JP
ケアンズ
ゴールドコースト
パース
エアーズロック
シドニー
メルボルン
ダーウィン
タスマニア

バイロンベイ

バイロンベイオーストラリア本土で最も東にある小さな町、バイロンベイは人口5000人程度である。町の名前はキャプテンクックが英国の詩人バイロンの祖父にちなんで付けたもの。明るく開放的でおしゃれなカフェ、工芸品店、などを見かけることができる。バイロンベイはゴールドコーストよりもう少し陽気でのんびりした雰囲気があり数多くのアーティスト達が在住していて、休暇に行くにはもってこいの場所。バイロンベイには、ケープバイロンを挟んで穏やかな湾に面したメインビーチとサーフスポットとして有名な外洋に面したタロービーチのふたつのビーチがある。ここの沖合には寒流と暖流がぶつかる場所があり、様々な種類の魚類が生息しておりダイバーに大人気のスポットがある。
バイロンベイでできるアクティビティは様々でサーフィンやウィンドサーフィン、シュノーケリング、ダイビングなどのマリンスポーツをはじめ期間限定のホエールウォッチング、海や川でのカヤックやスカイダイビング、ゴルフなど実に様々。
その中でもこれをしなければバイロンベイに行った価値がないとまで思われる大陸最東端に位置するウォーキングトラック、このトラックはケープバイロンの岬を一周する3.5kmの約1時間半ほどのコースなのでそんなにしんどくなくお散歩がてらちょうどいいだろう。最初にまず起点となる左下のケープバイロン灯台まで行きそこから約10分程の所にある最東端にある展望台を目指す。

こんな最東端の小さなのんびりした町で日頃の疲れやストレスをのんびり解放してあげてはいかがでしょう。様々なアクティビティに精を出すのもよし、ホテルや海辺やカフェでリラックスするのもよし。たまにはゆっくりしましょうよ。

「バイロンベイと国立公園1日ツアー」の突撃スタッフレポートはこちら!

●フォトギャラリー
バイロンべイ バイロンべイ バイロンべイ
シンボルの灯台 絶景 階段を下り降りていきます
     
バイロンべイ バイロンべイ バイロンべイ
ここが最東端 癒されています 絶壁
     
バイロンべイ バイロンべイ バイロンべイ
天気がよいと本当に綺麗です 水平線がくっきり サーファーにも人気のビーチ
     
バイロンべイ バイロンべイ バイロンべイ
お店が立ち並んでいます ジャグリングをする大道芸人 おしゃれな靴屋
     
バイロンべイ バイロンべイ バイロンべイ
レストランでのランチ アクセサリーショップ ケーキショップ

バイロンベイへの行き方
ゴールドコースト(サーファーズパラダイス・トランジットセンター)からグレイハウンド・パイオニア、マカファティーズといったインターシティーバスがある。このバスは1日10便ほどあり、約3時間でバイロンベイに着く。


●バイロンベイを満喫できるツアーはATSさんで予約できます。

バイロンベイと国立公園1日ツアー


●バイロンベイイングリッシュランゲージスクール
バイロンベイにある留学生と旅行者の英語教室。英語を学びながらサーフィンをダイビングが学べる人気の語学学校です。

このページ作成にあたり、現地旅行会社ATSさんのご協力を頂いております。
ATSさんは、ご予約に関しましても現地スタッフが、日本語で親切に手配してくれるので絶対お勧めです!





オーストラリア・ゴールドコーストガイドについて
Copyright (C) 2007 Goldcoast.jp All Rights Reserved
ゴールドコースト ホテル ツアー 地図 天気 観光 レストラン[オーストラリア・ゴールドコーストガイド]